2017.11月増刊号 第39回試験の総評

2017.11.26公開

本日、福祉住環境コーディネーター検定試験®、3級、2級ともに無事実施されました。受験なさった皆さん、本当にお疲れさまでした!素晴らしい健闘でした!!

それでは、3級の下に2級の試験総評を加えましたのでご覧ください。(19:00更新)
最後に、ご報告を追記しました。(2017.11.30更新)

【3級の総評】

まず、試験全体の印象として、前半は「あれ、いつもより簡単かな」と感じました。しかし、後半になると解きにくい問題が多くなりましたので、結局、難易度はほぼ前回同様、もしくはやや易しい、というところです。

問題の形式や文章量はほぼ前回同様でした。前回の試験で驚かされた個数問題は、今回はありませんでしたね。その点では一安心でした。

現段階の所感ではありますが、合格率は直近2回と同じ程度(50%前後)から、2~3年前の水準(60~65%)の間になるのではないかと思います。

分野別にみると、点数の配分は3章が減り、5章が増えるという変更がありました。

2017.11.26.3.png

●1章(福祉)前回26%→今回26%
前半は、少子高齢社会の現状を中心として、家庭内事故や介護保険制度などが出題されましたが、比較的解きやすかった印象です。そして、「障害者総合支援法がないなぁ...」と思っていたら、最後の第9問9-1でバッチリ出ましたね。介護保険制度との共通点・相違点を意識しながら学習していた方は得点を稼げたと思います。

●2章(医療)前回15%→今回15%
高齢者の健康、栄養のとり方、ヘルスプロモーション、障害の種類、認知症、といった安定の内容でした。学習内容が少ないため、8割以上の正解が欲しいところです。

●3章(用具)前回23%→今回19%
4ポイント減りました。が、内容としては、共用品の具体例から、つえ、スロープ、排泄・入浴の用具、起居・就寝の用具といったさまざまな種類から出題されました。

●4章(建築)前回21%→今回21%
第6問6-エ(a)、今回一番の難問だと思います。スロープは、水平距離(L)に対する高低差(H)の比(H/L)のところ、HとLを逆にしてL/Hとした不適切の肢です。この引っかけは......気が付かなくても仕方ない、と思いますよ。

●5章(福祉)前回15%→今回19%
出題が4ポイント増えました。リバースモーゲージ、一般定期借地権、住宅性能表示制度、家賃債務保証制度、中心市街地活性化法、住宅マスタープランなどなど。内容としては定番のものが多いのですが、これだけたくさん出されては、皆さん、疲れてしまったのではないでしょうか。最後の5章では知識と体力が必要でした。お疲れさま!

【2級の総評】

まず、全体的にみると、問題形式、文章量ともに前回を踏襲していて、大きな変化はありませんでした。ただし、出題傾向から少し論点をずらしていたり、文中にわかりやすい誤りがなかったりして、解きにくい問題もみられました。

指導部では事例問題で少々荒れましたので、それは下で解説します。

気になる個数問題については、今回も2問ありましたね。第6問オは不適切なものの個数が3個で④、第8問ウは適切なものの個数が3個で④が正解です。わかりにくい...。うーん。個数問題って、弱みを握られたような感じがしてなんだか悔しいですね。

そこで合格率は、直近2年の水準(40~57%)から大きく外れることはなさそうですが、前回(49.0%)よりは少し下がるかな?という印象です。

次に分野別にみると、今回は福祉用具の出題が減り、医療と建築が増加していました。

2017.11.26.2.png

●1・4章(福祉)前回28%→今回28%
介護保険制度を中心に、障害者施策、住宅施策まで幅広く出題されました。個数問題の第6問オは、(a)(c)(d)を不適切で3個としました。

●2・3章(医療)前回29%→今回31%
高齢者や障害者の心身の特性、脳血管障害、内部障害、視覚障害、認知・行動障害など、こちらも幅広く出題されました。判断が難しい肢もあるのですが、○×や語句の組み合わせで正解にたどり着きやすい問題もありました。

●5章(建築)前回25%→今回28%
第5問事例では、珍しく新築計画がテーマになりました。そして、計算問題が多かった!数字が苦手な方、苦労なさったことと思います。スロープの勾配、1/7、1/8、1/9、1/12を計算で求める必要がありましたね。こんなに色々な勾配が出たのは初めてです。

指導部が荒れたのは、第5問5-2ウ⑫です。皆さんは答えられましたか?消去法で「渡し板(フラップ板)」を選んでみたものの...。掃き出し窓に渡し板?...車いすで30mmの段差が越えられる人なら、掃き出し窓のサッシも越えられるのでは...?なぜ渡し板?と揉めていたわけです。あと、第5問5-1エの車いすの向きも...。その前に、前方アプローチが失敗することがあるとの情報から③にしましたが、それが論点の問題なのか?ちょっと意味が分からない...。

●6章(用具)前回18%→今回13%
出題数は減りましたが、介護保険制度や障害者総合支援法での取り扱い、特殊寝台や体位変換器、つえなどさまざまな用具がお目見えしました。そしてやはり、ここで個数問題がきましたね。第8ウは、(a)(b)(c)が適切で3個と判断しました。

総評は以上です。いかがでしたか?

今回もひねった問題が散見されましたね。医療・福祉・建築のいずれかの経験者には有利ですが、未経験からすべての分野を勉強した方は、とても大変だったと思います。また、経験者の方でも、専門外の分野には苦戦なさったことでしょう。どうぞ今日のところは温かいものを飲んで食べて、ご自分を労ってください。

好成績となった方、やりましたね!おめでとうございます。どうぞ楽しみに合格発表をお待ちくださいね。成績票発送は来年1月5日(金)です。

結果がふるわなかったという方、落ち込まないでくださいね。やれる限りはやったのですから。挑戦したことは素晴らしいことです。明日のことは明日考えましょう。

今日、やることはあとひとつだけ。今日までの試験勉強に協力してくれた、ご家族や同僚、友人たちに感謝して。おやすみなさい。

●11月末が受講期限の受講生の方へ

ご受講、ありがとうございました。受講なさった感想はいかがでしょうか。

試験合格をめざす日々では、「時間に追われて余裕のない日々」「焦りや不安がつのる日々」になりがちで、内容を楽しむ気持ちが失せてしまいがちです。でも、そんな苦労の日々は今日で終わり!再チャレンジ予定の方も、いったんは終わりです。明日からは知識を楽しんでみてください。学んでよかったと思えることが必ずあります。

仕事に、暮らしに、どう役立てていくか、すべてこれからです。これから始まります。どうぞゆっくりと醸成していってください。皆さんのご活躍を期待しています。

また、受験できなかった、合格ラインに届かなかったという方は、ぜひとも来年受験してください。この検定試験は例年7月と11月の年2回行われますから、またすぐにチャンスは巡ってきます。この指導部だよりでも試験情報をお届けしていきます。引き続き、お手伝いさせてください。

それでは皆さん、今日は本当にお疲れさまでした。拍手!パチパチパチ

2017.11.30追記
【受験なさった皆さんへのご報告】

第39回試験の模範解答は当日中にすべて確定しました。ただし、なかには疑義を抱いた問題もあったため、指導部の見解を東京商工会議所のご担当へ伝えました。皆さんにも概要をご報告します。

●2級第5問5-1ア②
【図1】には、ポーチ「GL+400」、廊下(玄関ホール)「GL+600」とありますが、玄関土間には高低差を示す表記がありません。ポーチと玄関土間の高さが同じであることは一般的でなく、上がりがまち段差が200mmであるとする判断はやや困難です。

●2級第5問5-1イ
≪理学療法士のアドバイス内容≫として2回記載されている「間口は800mm~」の「間口」はいずれも「開口」の誤りと思われます。話すと長くなるのですが...「間口ってどこのことを言っているの?」と悩んだ方も、「開口」と読めばすっきりするはずです。ただし、解答には直接の影響はないと考えます。

●2級第5問5-1エ
ベッドの配置と移乗の際の車いすの位置を選択する問題ですが、このような車いすの配置は試験範囲に含まれません。便器への移乗方法(5-1イ)をベッドへの移乗方法にそのまま当てはめるのは無理がありますし、介護技術の観点からも、通常は③のようにベッドにぴったりとつけることはありません。

●2級第5問5-2ウ
車いすで掃き出し窓の溝を越えられるよう、設置するものとして「⑫渡し板(フラップ板)」を選択する問題です。この「掃き出し窓の溝」がどの程度のものを指すのか不明で、30mmの段差を乗り越えられるAさんが(5-1ウに記載あり)、通常のサッシ溝(レール)を越えられず、渡し板が必要になることは判断できません。

なお、公式テキストのなかに、渡し板の利用を検討する類似ケースがありますが、その事例の対象者と本試験のAさんとでは身体状況が違います。またどのようなサッシを採用し、どのように仕上げるのかといった個別事例特有の内容が影響するため、本問に当てはめて考えることはできません。

したがって、第5問5-2ウについては、指導部では「解答なし」と判断します(解答速報の模範解答は出題の意図を汲んで⑫のままとしておきます)。

以上、ご報告でした。5-2ウの1点が合否の分かれ目になる方は、正式発表をお待ちください。来年まで...長いけれど。少しでも皆さんの疑問が晴れていましたら幸いです。(駒木)

●解答速報・自動採点サービスはこちら
ユーキャンの解答速報
●解答速報ツイートはこちら

Twitterユーキャン解答速報アカウント
●掲示板はこちら

学びーズ【福祉住環境コーディネーター】2017年度試験・受験者向け掲示板

駒木2.pngのサムネイル画像